PAGE
TOP

最近の記事

2016年04月29日

タペット調整 シグナスX 2011-モデル(台湾仕様) 2016年4月1日

2016年4月1日 シグナスX タペット調整(バルブクリアランス)

暖気運転時のアイドリング不調
・始動は問題なくかかる
・暖機はそこそこに10mほど走ったところの一旦停止でストール
・ここからエンジンがなかなかスタートしない
キュルキュルキュル、ストンストンストン
キュルキュルキュル、ストンストンストン
キュルキュルキュル、ストンストンストン
キュルキュルキュル、ストンストンストン トントントン
アクセルをあおりながらなんとかかかるが、10分くらいはアクセルから手が離せない

吸気系→点火系と見てきたが、さっぱり解決しない

さらにネットで始動時のアイドル不調を検索すると、タペット調整で解決したケースを発見

タペット調整はやったことがないのでちょっと不安であるが、やってやれないことがないとチャレンジする

・まずはシクネスゲージがないので、ネットで購入、あきばおーで200円位 安い

・圧縮上死点の出し方を調査

・クーリングファンがフライフォイールになっており、ここにT点がある

@ シートをボックスごと外す、点火コイル前のカバーも外す

CIMG2392.jpg

A このカバーを外すのが一苦労、マフラーのO2センサー近くの保護カバーを外し、L型のプラスドライバーを使ってネジを6本外す

CIMG2383.jpg

B L型ドライバー、狭いため作業がしづらい

CIMG2384.jpg

C ネジを外していく

CIMG2385.jpg

D カバーが取れた状態

この後インテーク側のバルブ点検口を開けるが、ホィールを時計方向に回して吸気バルブが下がるのを確認し、次の写真左のフレーム側の矢印とホィールのT点が一致するところが圧縮上死点である

この状態がインテーク、エキゾーストのバルブ4本が完全に閉塞している状態

CIMG2386.jpg

最後に作業性を高めるため、点火コイルも外す
E それではインテーク側の隙間をシクネスゲージを使って確認

ネットで調べた基準値 IN0.10〜0.14 OUT0.16〜0.20

手前側の隙間は0.10mmがすんなり入った

CIMG2387.jpg

向こう側の隙間も0.10mmがすんなり入った

インテーク側は問題なしと判断

※ 今回のトラブル想定は、バルブのシリンダーヘッド面摩耗により突き上げが深くなり、タペット隙間がなくなりバルブが締まり切れなくなり、圧縮漏れを起こしているとした

CIMG2388.jpg

インテークが問題なしとなるとエキゾーストである、こちらは下を向いているため作業が猛烈にしずらい!8mmのメガネレンチで点検口を開ける、オイルが少しこぼれるので注意

シクネスゲージはセンタースタンドの隙間、下から入れる

測定した結果、どちらのバルブも0.01mmゲージが入らない

想定通りの状況になっているようである

8mmボックスレンチでロックナットを緩め、ノックピンを緩める、シクネスゲージ0.15をはさみ指の感覚で絞めては固定、緩めて広げ、また締め付けと試行錯誤を何度も実施して0.15mmゲージが少し抵抗感のある状態で入るよう調整

2本調整するのに約20分ほどかかった

CIMG2389.jpg

シクネスゲージを下から入れて、間隔を測定している場面、とにかく作業しずらい

CIMG2390.jpg

納得のギャップが確保できれば、元の状態に戻していく

CIMG2391.jpg

確実にネジを絞め込んで完了、ファンカバーを取り付け試運転


■ インプレッション

あえて暖機運転をせずにスタート

最初の関門、10m先の一旦停止 → ⇒ 無事クリアー アイドリングは安定して止まらない

次の10m先の一旦停止 → ⇒ 無事クリアー アイドリングは安定している

10分ったって機関があったまるまでノンストップでエンジンが回っている

今までが嘘のようにアイドリングが安定している!

30分ほど走ってきたがアクセルに神経を使わなくてよくなった

すっきりです! よくできました、問題解決!

追記

圧縮上死点を出すために面倒なファンカバーを外したが、よく見ると簡単に点検できる

CIMG2392.jpg

写真のように左側にゴムキャップとなった点検口がある

エクステンダーで伸ばしたボックスレンチでフライフォイールを右に回せば簡単に探せる

次回はこれで行こう!

4月12日(火) さらに追記

10日日曜日栃木の茂木まで300km軽く走ってきた

燃費が去年の夏ごろから徐々に落ちてきて平均35km/lほどまで下がっていた

今回は42km/lを復活、圧縮漏れによるパワーロスがなくなった感じだ。




posted by なにわや at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | バイクメンテナンス
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/175096671

この記事へのトラックバック