PAGE
TOP

最近の記事

2016年05月06日

京都鉄道博物館 2016年5月6日

2016年5月6日 京都鉄道博物館 4月29日リニューアルオープン

大阪弁天町にあった交通科学博物館と京都の梅小路蒸気機関車館が京都梅小路に合体して、京都鉄道博物館に生まれ変わった。

敷地を拡大し大宮の鉄道博物館に匹敵する、西日本の拠点となった

さて、ゴールデンウィークの真っただ中飛び石になった6日は天気も悪く、絶好の混雑回避の穴場と読み、出かけることにした。

桃谷からは京橋まで環状線、京橋からは京阪で東福寺まで行き、JRに乗り換えて京都に至る

京都からは毎度のごとく歩いて梅小路公園を横切って行く

CIMG2489.JPG

駅から博物館までこんなモニュメントが楽しませてくれる、いくつ見つけられますか?

IMG_0073.JPG

昔からの旧二条駅右に新しい入口ができた

IMG_0074.JPG

記念の入場券、これは貴重だ

CIMG2454.JPG

入口に入るとまずは2階に行く、500系新幹線が迎えてくれるこうしてみるとかっこいい

CIMG2457.JPG

隣には月光、雷鳥と懐かしい電車が

CIMG2470.JPG

またEF52も弁天町と同じで隅っこに目立たなく置かれている

外には電気機関車

CIMG2477.JPG

昔写したことのある、EF58150号機 懐かしいね

CIMG2475.JPG

昨年無くなったトワイライトエクスプレス

いろいろ展示物があり、鉄道に関しての勉強を終えて待望のSL見物する

CIMG2447.JPG

整備ゾーンでは来年山口線デビューが期待されるD51200がバラバラの整備状態

CIMG2442.JPG

扇車庫全容が見渡せる

CIMG2446.JPG

側線には8620が

CIMG2439.JPG

C612もバラバラ

CIMG2436.JPG

今日のスチーム号はC622

CIMG2438.JPG

相変わらずかっこいい

CIMG2435.JPG

今回はゴールデンウィーク穴場の午前中訪問で、混雑を回避できた。

しかしシュミュレーターはものすごい人でこれは例外

写真は面倒なので省きましたが、DD51とEF66を下から見るのもなかなか見られない、貴重な経験ができた。






posted by なにわや at 17:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道撮影
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/175188039

この記事へのトラックバック
最近の記事