PAGE
TOP

最近の記事

2017年10月21日

Windows10 Tips Windows 10 Fall Creators Update

Windows 10 Fall Creators Update

2017年秋の大型アップデートが10月17日から提供開始された

単身赴任中のためスマホのディザリング7GBの環境でアップデートを

すると、一瞬にしてパケ死を迎える。

このため以下の手順でアップデート行うことで回避できる。

※ 条件として別のインターネット環境が必要

では、作業開始!

8GBのUSBメモリーを用意する

img171021e000.jpg

これはすでに作成されたUSBの中身であるが、8GBでちょうどのサイズ
メディア作成するPCにあらかじめこのUSBメモリーをさしておく

img171021e001.png

ブラウザより「メディア作成ツール」を検索して表示させる
https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10
「ツールを今すぐダウンロード」をクリック

img171021e003.png

ダウンロードされたファイル「MediaCreationTool.exe」を実行

img171021e005.png

ライセンス条項への同意を求められるため「同意する」

img171021e006.png

別のPCのインストールメディアを作成するを選択

img171021e006.png

アーキテクチャは32ビット、64ビット両方を選んでおくとどちらにも使える
このダウンロードで、Pro、Home等含まれている

img171021e007.png

使用するメディアを選択

img171021e009.png

上記の作業によりFall Creators UpdateのUSBメモリーが作成される。

------------------------------------------------------------------------

これからが対象PCへのアップデート作業

1.クリーンインストールをしたければ、このUSBメモリーをさして
BIOSからブートさせる

2.現環境をひきついでアップデートするときはOSを起動した状態で
USBメモリーの内容をエクスプローラーで表示して「setup.exe」を
実行する

img171021e010.png

更新プログラムをダウンロードしてインストールする(推奨)を選択

img171021e012.png

img171021e013.png

ライセンス条項に同意する

img171021e014.png

更新プログラムをダウンロードと出ているが、パケットの消耗はほとんどなし

img171021e015.png

img171021e016.png

img171021e017.png

img171021e018.png

img171021e019.png

ここで最後の引継ぎ項目を選択できる

img171021e020.png

後は複数回の再起動のち、アップデートは完了する

ちなみにIntel(R)Core i7-4790 Mem 8GB 環境で 30分
Celeron Mem 4GB 完了で 3時間半であった


posted by なにわや at 09:58| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン関連

2017年10月06日

Windows10 Tips Hyper-V

デジタル一眼レフはCanonユーザーである

Canonには無料で ZoomBrowser EX ソフトが付いてくる

2007年から使ってきたこのソフト、2012年ころにサポートが外れ

それでもWindows10 Pro 64bitで何とか動いていた

このソフトになぜこだわるかと言うと、Rawデータのコメント欄に

日本語で撮影場所を記載できることである。exif情報のコメントに

ダイレクトに記載できる無償ソフトでは恐らく存在しない。(補助

ファイルにてコメントできるのはあります)

事件はBootドライブをSSD化したときに起きた。

OS引越しがうまくできず、クリーンインストールを実施、この時

事件が起きた。

ZoomBrowser EX が起動しない!

色々調べたがいいフリーソフトは存在しない、日本語で直接

Canon Raw Exifに記載できる。

幸いwindows10 Proを使っているため Hyper-V が使える

Windows8の 32bitを持っているため仮想化で ZoomBrowser EX を

動かすことにする。

ここからHyper-V作業を記載する。


■ AsusマザーボードのBIOS設定 CPU設定の中にある Virtuallzaton Technology

を有効化する

IMG_1241.JPG

■ Windows10 1703ではコントロールパネルがメニューに無くなった

スクリーンショット 2017-10-04 22.05.38.png

■ プログラムを選択

スクリーンショット 2017-10-04 22.05.52.png

■ プログラムと機能 Windowsの機能の有効化か無効化 を選択

スクリーンショット 2017-10-04 22.06.02.png

■ Hyper-Vを選択 先に行ったBIOS設定を忘れるとここが選択できない

スクリーンショット 2017-10-04 22.06.21.png

■ Hyper-Vマネージャーを開きます、検索窓に hy を入れると出てくる

スクリーンショット 2017-10-04 22.07.36.png

■ 仮想マシンがすでにできているが気にしない、操作 ⇒ 新規

スクリーンショット 2017-10-04 22.07.50.png

■ ウイザードが始まる 次に

スクリーンショット 2017-10-04 22.08.16.png

■ 名前を付ける ここでは Windows8 とした、保存先は放置状態だった昔の500GBのHDD

を追加設置した。どこでもOK

スクリーンショット 2017-10-04 22.09.38.png

■ Windows8 32bitを入れるため、第一世代を選択

スクリーンショット 2017-10-04 22.09.43.png

■ 起動メモリーを設定 最低で2048とした、後でも変えられる

スクリーンショット 2017-10-04 22.10.00.png

■ ネットワークを選択 凡例では無線

スクリーンショット 2017-10-04 22.10.09.png

■ 仮想OSの保管場所を設定 凡例は増設HDDを設定

スクリーンショット 2017-10-04 22.10.34.png

■ OSインストール用のISOファイルの場所を指定する

スクリーンショット 2017-10-04 22.11.15.png

■ これで仮想OSは完成

スクリーンショット 2017-10-04 22.11.23.png

■ 仮想マシン Windows8 完成 現在は オフ状態 これを右クリックで設定に入る

スクリーンショット 2017-10-04 22.11.37.png

■ ここで先ほど増設した500GBのHDDに ZoomBrowser EX のアプリを入れて置き

インストールする。ディスクの管理を開く

スクリーンショット 2017-10-04 22.12.19.png

■ 凡例のディスク3はオンライン リアルOSの管理下にある

スクリーンショット 2017-10-04 22.12.26.png

■ ディスク3を右クリックしてオフラインに変更

スクリーンショット 2017-10-04 22.12.35.png

■ 仮想マシンを右クリックして設定に入る

スクリーンショット 2017-10-04 22.13.28.png

■ SCSIコントローラ ハードドライブを選択

スクリーンショット 2017-10-04 22.13.50.png

■ 物理ハードディスクは先ほどオフラインにしたHDDを選択

スクリーンショット 2017-10-04 22.14.20.png

■ 物理ハードディスク

スクリーンショット 2017-10-04 22.14.27.png

■ 適用

スクリーンショット 2017-10-04 22.14.37.png

■ これで仮想OSを起動するとエクスプローラーで500GBを選択できる

要はリアルOSと仮想OSでは同時に共有できないためこういう面倒な作業が必要に

なる。しかしこのソフトはあきらめきれない。
posted by なにわや at 19:09| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン関連

2017年08月27日

Windows10 Tips

Windows10の起動時にパスワード入力が面倒なので、「netplwiz」というコマンドを使って
パスワードの入力を省略している

この運用を始めてしばらくしてからPC名を変更したところ、自動ログインが止まりアカウ
ントが二つできており、いちいち切り替えないとログインできなくなった。
アカウントの管理を確認しても追加されたアカウントがなく、困っていたところ同様の
障害に困っていたWeb上投稿者の対応に、自動ログインを触っているうちに直ったとの記載が
あったため、「netplwiz」にて一旦自動ログインを元に戻し、再度自動ログインを設定すると
不思議なことに問題がなくなった。
バグといえばバグなんでしょう。

以下対応の流れ、残念ながら起動時のログイン画面は取れなかったので想像で…

デフォルトで作成されるホスト名だが、PCを複数台持っているため変更した
ところ再起動すると自動ログインができなくなった

スクリーンショット 2017-08-27 09.20.37.png



ネットで色々調べたが、これで解決という情報はなかった。
唯一、自動ログインを触っているうちに直ったとの情報から以下の作業を行う

スクリーンショット 2017-08-27 09.30.50.png

ユーザアカウントを開く ⇒ ユーザーがこのコンピュータを使うには、ユーザー名とパスワードの
入力が必要 ⇒ チェックを外して ⇒ 再起動 ⇒ 通常ログインに戻る ⇒ 再度ユーザーアカウント
⇒ チェックと入れる

これで再起動すると元に戻った。

解決に1時間ほど無駄にかかった!

スクリーンショット 2017-08-27 09.31.11.png
posted by なにわや at 09:54| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン関連